リアカメラ付ドライブレコーダー(日テレポシュレ)の口コミ&最安値価格で購入する方法とは…

運転中の予期せぬトラブルをしっかり録画!リアカメラ付ドライブレコーダー

運転中の予期せぬトラブルに巻き込まれてしまったときに頼りになるドライブレコーダー。

リアカメラ付きなので、前方だけでなく後方の映像も100万画素の高画質でしっかり録画!

事故などで衝撃を感知すると、その前後の映像を専用フォルダに保存する「Gセンサー記録」に対応。

上書きを禁止し、重要な映像もしっかり残します。

便利な撮影モードも搭載。明るさの自動調整機能でより鮮明な映像を記録する、もしもの時に頼りになるアイテムです!

ドライブのお供に!車の前方も後方も高画質映像でしっかり記録!

危険運転、あおり運転への関心が高まり、需要が増しているドライブレコーダー。

運転中に突然巻き込まれた時などに役に立つ、万が一に備えてつけておきたいアイテムです。

最大のポイントは、車の前方だけでなく、後方の映像も録画できるリアカメラ搭載。

高画質な映像、音声をしっかり記録します。

■ 楽々取り付け
・取り付ける場所を決め、汚れや油分をふき取り、専用取り付けブラケットの両面テープ保護フィルムを剥がしフロントガラスに貼り付ける。
・同様にリアカメラを設置し、車内にケーブルを配線。
・専用シガー電源アダプターをシガーソケットに接続。

■ 便利な録画モード
状況に応じて録画モードを使い分け。

・常時録画モード
起動してから終了するまで録画する通常の録画モード。電源がオンになると録画を開始します。

・イベント録画モード
搭載されたG(加速度)センサーが、一定以上の衝撃・急停止・急発進を感知すると、衝撃を受けた時とその前後の合わせて3つの映像データを自動で保護し保存します。
衝撃を受ける前後の記録は上書きされず別ファイルで保存されるので、衝撃を受ける前後の映像をしっかり残すことができます。

・手動録画モード
事故にならなかったけど、記録を残しておきたい時は「MODE」ボタンを1回押せば前後合わせた3つの映像が保存されます。

・駐車モード
フロントセンサーで動体検知をすると、自動的に録画を開始します。

■ WDR(ワイドダイナミックレンジ)搭載

暗いところを明るく、明るいところを暗くすることで適度な明るさの画像を作り出します。

トンネルの出口などの暗い場所から明るい場所に移動するときの白とびや夜間走行の黒つぶれを抑え、より鮮明な映像を記録することが可能です。

リアカメラ付ドライブレコーダー(日テレポシュレ)を最安値価格で購入する方法とは…

リアカメラ付ドライブレコーダー(日テレポシュレ)を最安値価格で購入するには「楽天」「Yahooショッピング」を使うとお得になりますよ。

「楽天」「Yahooショッピング」のメリットとしては「送料無料」「ポイントが付く」などがあります。

「キャンペーン」なども頻繁に行われるので、こまめにチェックしてお得に購入しちゃいましょう!

購入・詳細はこちら